Discography

夏影

  • 2010/08/11

「アンダーグラフ」の通算10枚目のSingleとなる「夏影」は、少年時代に誰しもが感じる夏の終わりの儚さを、シンプルにしてドラマティックなアレンジで描写しました。
彼らの真骨頂ともいえる、叙情的な楽曲世界の中に新しい始まりを予感させる作品となっています。

また、カップリングにはSoulJaとの異色のコンビが話題になった配信Single
「2111 〜過去と未来で笑う子供達へ〜」、彼らが大ファンである阪神の全試合を中継するABCラジオ「フレッシュアップベースボール」のテーマ曲として起用され、リリースが熱望されていた「やっぱり地球は青かった」を収録。

「真骨頂」「初挑戦」「化学反応」 自身の可能性を最大限まで追求。-結成10年を超え、常に進化し続ける「アンダーグラフ」のメモリアル盤が完成しました。

2010年8月11日 発売決定
1,200YEN (TAX incl.)FLCF-4346

[収録曲]1.夏影【アンダーグラフ】
2. 2111 〜過去と未来で笑う子供達へ〜【アンダーグラフ×SoulJa】
3.やっぱり地球は青かった【アンダーグラフ×坂本美雨】
4. 心の瞳(acoustic verversion)【アンダーグラフ】

■真戸原コメント
『前作まで2作連続で物語風の曲を書いたから、今回は自分の記憶をたどって曲を書き始めた。夏休みに隣町に引っ越した友達に会いに行ったこと。何処に向かうでもなく自転車を漕いで、汗だくになって、駄菓子を買ったり公園で水を飲んだり。いつからか早く大人になりたいと思い始め、いつからか子供に戻りたいと思うようにもなる。変わっていくことや、変わらないこと。そのなかでどうやって生きていくんだろう。そんな事をいつものように考え、答えを導き出してこの曲を書きました。夏が終わり、寂しくとも実りがある秋が来る。そう歌いたかったのです。』

【夏影】
-夏の終わりの切なさ-をキーワードに完成された楽曲。
Vo.真戸原直人が、時間をかけて練り上げた言葉を「ポルノグラフィティ」や「いきものがかり」のプロデュースで知られる本間昭光氏との共作で、新たな世界を表現。

【2111〜過去と未来で笑う子供達へ〜】
ハイチ大地震の義援イベントに参加し「伝えたい想いが同じなら
音楽ジャンルの垣根を超えられる」と感じたメンバーが制作中だったデモ楽曲に「リアリティ」を求めて幾百のアーティスト候補の中からSoulJaにオファー。
バンド結成以来初となった、他ジャンルアーティストとのコラボレーション楽曲は「アンダーグラフ×SoulJa」のクレジットで配信Singleとしてリリース。

【やっぱり地球は青かった】
ひとりの少年が、ある日突然、宇宙を旅する事になる…そんな物語調の楽曲。
ライブツアー中に立ち寄ったプラネタリウムで、真戸原が閃き、楽曲に欲した「女神の声」=坂本美雨。
当初は「Special Chorus」として参加を依頼したものの、楽曲世界を拡げる為に再度レコーディングを敢行。
「アンダーグラフ×坂本美雨」Version、CD初収録。

【心の瞳(acoustic verversion)】
音源化が望まれていた既存曲の「アコースティックスタイル」が初収録。
ライブスタイルの新機軸として好評の「アコースティックツアー」で演奏されている人気曲の中から、10大プロジェクト第1弾でもある“ツアーから生まれた楽曲”「心の瞳」が選ばれた。
よりライブ感のある「裸の音」で、オリジナルとは違った趣きを感じさせる。

■このCDの2010年8月11日〜2011年8月10日迄の売り上げから発生する、
アンダーグラフに分配されるアーティスト印税の全ては、認定NPO法人 「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」に寄付され、発展途上国の子ども達への ポリオ、はしか、百日咳、ジフテリア、破傷風、結核の予防接種の為に使われます。

夏影
PAGETOP